博士取得までの流れ

ようやく本審査が終わった.
博士取得までの道程をメモっておく.

--------------------------------------------------------------------------------------------
D3(2017年度)
0411:中間発表をする(時期が遅すぎてもはや中間ではない)
06XX:審査申請書類を事務に提出
07XX:博士論文用のTex環境を整え始める
07XX:投稿論文を投稿
08XX:学会を申し込む
08XX:審査の流れについて説明を受ける
・本審査は遅くて1月
・予備審査は本審査の1ヶ月前
・博士論文を副査に渡すのは,予備審査の1ヶ月前
→ 遅くて、11月には博士論文完成
09XX:博士論文を書き始める
10XX:学会参加(2泊3日)
1102:投稿論文のレフェリーコメントが来る、論文修正
11XX:博士論文の主要な結果以外は書き終える.11月中に完成させなければいけないのに,議論を先延ばしされる
1108:ゼミで主要な結果について議論したい言ったら、最近の結果だけ報告してくれと言われる
1113:全体の結果について議論したいと連絡するも,4日後にやろうと言われる
1117:ゼミで報告も、反応がよくない
1122:投稿論文の直しを投稿
1122:博士論文の成果を列挙して送ってくれと言われる
1123:成果をまとめ、送る.定量的に評価しろと言われる
定量評価は仮定ばかりで無理だと思いながらも評価し、送る
1124:計算時の仮定に根拠がない,無理があると言われる
1127:2時間に渡って博士論文を提出できない理由について説明を受け、延期を決定
12XX:足りないデータを取り始める
03XX:実験を平行して行うために,装置を買ってほしいという
D4(2018年度)
0425:再度、審査申請書類を事務に提出
0427:学振PDも書き始める
0505:測定を外注する
05XX:そういえば、本審査は6月中にやらないといけないからと言われる
急いで博士論文を書き上げる
0514:注文していた装置が届くも、もう実験はやらない
05XX:学振PD提出
0515:外注した測定業者へ試料を送る、0601に結果を報告してくれるらしい
0521:審査の日程を決め始める
0531:外注した測定結果を博士論文へ入れてほしいとのことだったので、
0604に博士論文を副査に渡す予定になる
0601:業者から測定結果について報告が送られてくるが、
解釈が難しく、0604に再度連絡するとのこと
0604:測定結果が送られてくる、結果を入れることなく博士論文を副査に渡す
副査に渡したあとに博士論文に測定結果を入れて、再度、明日、修正版を渡したほうがいいと言われるも、予備審査のpptが間に合わないと言って無視
0608:予備審査
0627:本審査
0706:博士論文の製本を依頼
0714:製本した博士論文を提出
--------------------------------------------------------------------------------------------

しばらく、休みたい